どうも~。セルマです。

いよいよ本日パッチ4.5実装! 皆々心待ちにしていたのではないだろうか。

当ブログのメジャーパッチ実装当日更新恒例、メインクエストを振り返るシリーズ。

私自身、やはり期間が空いてしまうと忘れてしまうので改めて確認したい。


  





前回までの冒険録(パッチ4.4メインシナリオ)


概要

 「ツユ」としてドマに生きる可能性が出てきたヨツユだったが、義弟アサヒの目論見により養父母との再会を経て、

 失った記憶を取り戻してしまう。

 アサヒから託された白銅鏡を媒介に、蛮神「ツクヨミ」として顕現したヨツユだったが、冒険者に倒され、

 最後まで自分のことを案じていたゴウセツを想いながら果てる。

 そして冒険者は、過去視によりアサヒに白銅鏡を授けたのが死んだはずのゼノスだったことを知る。

 ゼノス生存の真実を突き止めるため、ドマと帝国の和平の芽を潰さないため、

 アルフィノはドマの使者として帝国へ向かった。

 それ以外の「暁」の賢人たちも、サンクレッドは諜報活動のため帝国属州へ、

 ヤ・シュトラは神器を媒介とした蛮神召喚の調査のためドマへ、それぞれ旅立っていったのだった。








アルフィノの行方


概要

 同盟軍からアラミゴで行われる会議への参加を求められた直後、サンクレッド帰還の一報が飛び込んできた。

 サンクレッドは帝国属州がドマやアラミゴに続き独立運動に励むも、現状は芳しくない事を話し出す。

 とはいえドマと帝国の捕虜交換成功の報を受け、交渉の余地有りと希望を抱く者もいたようだ。

 またエオルゼア同盟軍も属州への支援を行い、粘り強く戦いを続けている事が知らされた。

 lh9000

 一方、本題となるのは本国の話だ。

 ドマが蛮神召喚に手を染めたという話が本国で広まり、属州政策撤回の声も勢いが衰えてしまっていた。

 無論、その真実が異なるばかりか、帝国に属するアサヒないしゼノスの目論見である事は明白。

 しかしその件は帝都に伝わっていない事に留まらず、ゼノスが死んだという事も抹消されていたのだ。

 ゼノス死亡の事実が帝国で詳らかになっていないという事は、その中身がアシエンである可能性が高い。



 そしてサンクレッドは続けて帝都に向かったアルフィノが、未だ到着していない事を告げた。

 彼の早期帰還もここに理由があったらしい。

 サンクレッドは諜報活動のため、アルフィノとの直通リンクパールを持っていた。

 しばし音信不通だったそれが、わずかな間だけアルフィノから通信が入ったというのだ。

 lh9001

 その内容は酷い雑音に交じって一言――「ザ・バーン」という単語だけがサンクレッドの耳に届けられた。

 未だ帝都に到着していないアルフィノら一行は、そこで何らかのトラブルに巻き込まれた可能性がある。

 冒険者達は合流したヤ・シュトラ、ヒエンらを連れ、永久焦土「ザ・バーン」へと向かう事となった。

 



 


永久なる焦土


概要

 エーテルが枯渇し、永久焦土と化した土地――「ザ・バーン」。

 広大な白い砂漠を思わせる未開の地を捜索するも、アルフィノの姿を発見する事は叶わなかった。

 とはいえアルフィノが搭乗したと思われる墜落した戦艦や魔導兵器などをみる限り、何らかの戦闘があったようだ。

 lh9002

 lh9003

 手がかりを求め更に周辺を捜索すると、ユウギリが死亡した帝国兵に目を付ける。

 その軍装には「帝国親衛軍」の記章――ヴァリス帝直属の精鋭部隊である事を示していた。

 つまりアルフィノらを襲った敵は、本来味方であるはずの帝国兵であったのだ。

 アルフィノの生存を信じ祈りつつ、一行はひとまずドマへ帰還する事にした。








帝都に潜む影


概要

 町人地へ戻った一行を待っていたのは、アラミゴにいるはずのリセだった。

 捜索の顛末を聞き、捕虜交換もアルフィノ襲撃もヴァリス帝の仕業ならば矛盾しているとリセは話す。

 とはいえ直属部隊の指揮権はヴァリスのみが有しているわけではない。

 lh9004

 そもアサヒに“ドマが蛮神召喚をした”という偽りを仕立てるよう仕向けのは誰だったか。

 巨大な帝国内で偽りの事柄を真実と出来る程の人物、かつ直属部隊の指揮権を有するのは誰か。

 これらのピースを組み合わせると、その黒幕が「ゼノスの顔を持つ男」という結論に至るのは自然だ。

 ましてその中身がアシエンである可能性が高いのであれば、ドマと帝国との和平が崩れるのも目論見通りだろう。



 一旦話を区切り、ヒエンはリセのドマ来訪の目的を尋ねる。

 リセは先日、エオルゼア同盟軍にアラミゴが正式加入し、盟主が集う会議を行う事が決定したと話す。

 そこへドマも参加して欲しいという要請に対し、帝国への警戒を強める意味でもヒエンはそれを受け入れた。

 lh9005

 とはいえ帝国の再侵攻を考えれば、何の策も無しに国主たるヒエンが国を離れるのは危うい。

 よって会議の開催は、ドマの防備が万全となってからアラミゴにて行う事に決まったのだった。





 帝国の再侵攻に備えると言っても、全てが不足しているドマの現状に打開策はあるのか。

 改めてドマの主要人物が集った会議で各々が頭を悩ませる中、ヒエンがとある策を話す。

 帝国の軍事力に一国のみで対抗するのは不可能――故に、エオルゼア同盟軍に倣い東方地域の連合体を創る、と。

 lh9006

 ゼノスやアシエンの暗躍を伝え、腹を割って話せば連合結成は絵空事ではない――。

 ヒエンのその言葉に集った一同は頷く。今のドマにおいてはそれが最も現実的な打開策である。



 ただし問題はまだ残されている。

 帝国は他の追随を許さない圧倒的な軍事力を有する。例えば飛空戦艦などの兵器がその最たる例だ。

 連合が成る前に空から再侵攻を受ければ、計画はご破算となる……その対策を進言したのはヤ・シュトラだった。

 lh9007

 アルフィノ捜索中に、古代アラグ文明の遺構に行き当たったと話し始める。

 彼女は焦土に残る微かな環境エーテルが、かの魔大陸のそれと同じであった事に違和感を感じ、

 アラグ帝国は「ザ・バーン」の土地を浮上させて魔大陸を生み出したのではないかという仮説を立てる。

 lh9008

 つまり魔大陸の防御フィールドと同様のものを、「ザ・バーン」上空に貼る事が出来れば再侵攻を防げるのだ。

 また帝国側の補給事情を鑑みれば、「ザ・バーン」を迂回する選択肢は消えるが故に万全と言える。

 ただ懸念点があるとすれば、莫大なエネルギーを必要とする事だ。

 それに対し当てがあるかもしれないと話すヒエンに従い、冒険者ら一行はアジムステップへ向かう事となった。








草原に眠る力


概要

 アジムステップに到着した一行に、ヒエンはかつて聞いたモル族の伝承を話す。


 『古の昔 滅びの刻迫りて 稀人 草原を訪れん

  稀人 ナーマに乞いて 北の山にて月の欠片賜り 魔の忌み地 大地より放逐せん

  かくて 滅びの刻去りて 稀人 ふたたび訪れん

  稀人 ナーマに祈りて 北の山に月の欠片埋め 血滴る贄 天へと贈らん』


 lh9009

 かつて魔大陸を浮上させるほどの何かが、草原の山間部から持ち出され、それが再び戻されたというのなら、

 或いは「ザ・バーン」の防御フィールドを貼るに足るエネルギーを有しているかもしれない。

 調査を進めるため、一行はモル族のシリナのもとへと向かう。



 シリナから伝承にあった“何か”が、北の山にある楔石であると教えられ、調査の許可を得た一行。

 しかし楔石の力を使うとなれば、月神を強く信奉する部族から反発の恐れがあり、

 東方連合にも不参加を表明する部族が出て来るかもしれないのが気がかりだとシリナは話す。

 ひとまず調査をし、その力が使えるかどうかを見極めるのが先として、「楔石の虚」へ向かう事にした。








楔石の虚


概要

 楔石を調査すると、それが人工物であり地脈を制御するための調整弁であると判明した。

 その莫大なエネルギーは、目的である「ザ・バーン」に防御フィールドを貼るに十分である。

 lh9010

 ただヤ・シュトラは楔石自体のエネルギーは莫大であるのに対し、周囲のエーテルが弱々しい事に首を傾げる。

 とはいえ今考えても答えは出ないだろうと諦め、“楔石は使える”という調査結果を得て戻る事にした。





 次なる問題だが、先の月神を強く信奉する部族はサドゥ率いるドタール族である。

 集落へ向かい東方連合の件も含め楔石の事を話すと、部族の長たるサドゥは条件として冒険者との対決を望む。

 lh9011

 戦いによって全てを決める――ドタール族らしいやり方は実に分かりやすく、味方になれば心強い。

 かの戦はあくまで部族同士の衝突。しかし今回は個と個の戦い……どちらが上かを決める戦いである。

 しかし激闘を繰り広げ、更に魂を湧き立たせるサドゥに横槍を入れたのはマグナイであった。

 lh9012

 なるほど草原の行く末を決める戦いが行われていると知れば、神の子を称するマグナイが現れるのも道理だ。

 突然のマグナイ介入に、見届け人のヒエンとヤ・シュトラも参戦。改めて戦いの火蓋は切られた。





 激闘の末、勝利した冒険者ら一行は、アジムステップのアウラ族を東方連合に迎える事が出来た。

 また同時に楔石に関する理解も得られた事で、帝国に対する防備は大きく前進したと言って良いだろう。

 lh9013

 戦いが全て――を体現したようなアウラの両部族に、やや辟易した様子のヤ・シュトラだったが、

 思えば彼女がこうして関わるのは初めてだったか……そんな彼女にマグナイは問う。



        「お前は…………余輩のナーマか?」

 lh9014

 ……この後の展開はとても私の口からは語れない。是非紀行録で確認して欲しい。








響き渡る声


概要

 シリナらモル族含め、アジムステップの部族の東方連合協力の約束を取り付ける事が出来た。

 次はいよいよ楔石を起動させ、帝国に対する防備をより強固なものにする必要がある。

 lh9015

 起動は成功――堰き止められていた地脈が、「ザ・バーン」にも流れ出した。

 これにより防御フィールドを貼るに必要なエネルギーは確保出来た。一行は一旦ドマへと帰還する。





 アリゼーからはガーロンド社の協力を取り付けた報告があり、ユウギリからは東方連合の報告があった。

 無論、不可侵の立場を崩さないひんがしの国を含め全てが良い返事というわけではなかったようだが、

 まだ始まったばかり――今後の動き次第では可能性もあるだろう。

 となると現状取るべき対策は全て取った。いよいよアラミゴで行われる会議へと参加する時がきたのだ。

 lh9016

 過去ではなく未来に目を向けるこの会議では、帝国と真正面から戦争をするのは得策ではなく、

 その元凶であるアシエンを叩く事こそが肝要である――というのが首脳陣の意見であった。

 とはいえゼノスを騙っていると思われるアシエンを叩くのは容易ではない。



 そこでサンクレッドが搦め手と評して出した提案が、ゼノスの死とアシエンの情報を帝国内に流す事だった。

 一見通用しないように見える手段だが、ついこの間までお家騒動で内乱が発生していた帝国に効き目はある。

 つまりこの情報操作により、皇帝の座を狙う者によって、内部分裂を図る事が出来るわけだ。

 この策を用いて帝国の結束を乱す事に一同が同意したその時、突如頭に強烈な痛みと謎の声が響き渡る――。

 lh9017

 lh9018

 声の主は分からない。またその主が何を伝えようとしているのかも分からない。

 しかし苦しみながら声が聞こえているのは、冒険者を含めた「暁」の面々だけだ。

 やがて何とか解放された一同であったが、その中でもサンクレッドだけは意識が戻らず床に伏したままであった。





 ひとまず今後の方針が決定した事もあり、会議を終えたもののサンクレッドの意識は戻らない。

 激しい頭痛と謎めいた声の共通点などから、カヌ・エは何者かに「呼ばれた」事で魂と肉体が離れかけたと話す。

 実際、サンクレッドからは魂と呼ばれる命の輝きが感じ取れなかったようだ。

 lh9019

 原因として、サンクレッドはかつてアシエンの憑依により、エーテルの影響を受けやすくなっており、

 その魂に対して声の主が何らかの干渉を行ったため、彼の意識は戻っていないのだと思われる。

 ではその意識、魂はどこに“呼ばれた”のか――それに答えられる者は誰一人としていなかった。








狂乱の前奏曲


概要

 原因究明のため、石の家でウリエンジェと合流した一行。

 そしてウリエンジェも謎めいた声を聞いたという――つまり、これは「暁」の面々に共通しているという事だ。

 アシエンの仕業か或いは……いずれにせよウリエンジェは自身の目でサンクレッドの容態を確認したいと話す。

 急いでアラミゴへ戻る事となるが、ヤ・シュトラは先に懸念していた点を尋ねる。

 lh9020

 彼女が危惧していた“局地的なエーテル量の低下”は、東方のみならずエオルゼアでも確認されていた。

 それが同時に偶然発生したとは考え難い。やはり調査をした方がいいと決めた直後。

 アラミゴ宮殿で襲われた激しい頭痛と謎めいた声が再び「暁」の面々に響き渡る――。

 lh9021

 lh9022

 冒険者とアリゼーは持ち直したものの、サンクレッドのようにウリエンジェとヤ・シュトラは倒れたままだった。

 原因も分からず、意識を失ったままでは手の出しようもない。しかしそれでも助け出さねばならない。

 謎めいた声に翻弄される一行、そんな中でアリゼーは気持ちを整理するためリムサ・ロミンサに向かいたいと話す。



 向かった先で彼女が会いたいと話したのは、かつて心に大きな傷を負ってしまったガ・ブであった。

 そんな彼を前にして、心の内を吐露する。

 兄が行方不明になり、仲間が次々に倒れ、そんな中で無力な自分を悔いている彼女に冒険者は優しく声を掛ける。

 lh9023

 lh9024

 その言葉に励まされ、彼女は悔しさや悲しみを振り切り、仲間たちを救うため再び立ち上がったのだ。





*この後の次回に繋がる話については、紀行録等で自身で確認して頂ければ幸いだ。

んでは本日はこの辺で~。今日もビリッと頑張るぞーっ!(>ω<)ノ

☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ


よかったらクリックお願いします!