どうも~。セルマです。

本日はFF14から離れ、『Fate/Grand Order』に触れてみたいと思う。

現在毎年恒例となってきた、期間限定イベント『ネロ祭再び ~2017 Autumn~』が開催中だ。

ネロ祭はボックスガチャと、超絶難易度で緩和が入ったのも懐かしい高難易度クエストが目玉と言える。

本日は復刻版のそれと、攻略が完了次第新しい高難易度クエストについて書きたい。

(*尚、あくまで自身の攻略法を書いているだけであり、必ずしも他者の攻略に役立つものではないとする)







< ネロ祭再び ~2016 Autumn~ 復刻エキシビションクエスト >




1.『【超高難易度】復刻:第一演技 十二の試練

2.『【超高難易度】復刻:第二演技 光と影の師弟

3.『【超高難易度】復刻:第三演技 百殺夜行

4.『【超高難易度】復刻:第四演技 魔竜降臨

5.『【超高難易度】復刻:第五演技 戦士たちの母

6.『【超高難易度】復刻:第六演技 最古の英雄

7.『【超高難易度】復刻:フィナーレ 全力闘技





< ネロ祭再び ~2017 Autumn~ エキシビションクエスト >




1.『【超高難易度】第一演技 超回復マッスル

2.『【超高難易度】第二演技 大嶽丸呪い行

3.『【超高難易度】第三演技 流星、雨の如く

4.『【超高難易度】第四演技 黒と白の兄弟












【超高難易度】復刻:第一演技 十二の試練




1wave:ゴーレム系×3  2wave:ゴーレム系×3  3wave:ヘラクレス  

特殊効果:3wave開始時に全体Artsダウン、ヘラクレス連続ガッツ付与(都合12回倒す)



編成例:敵は全て狂クラス

lh7885

とにかくヘラクレスの攻撃に耐えつつ、12回倒すだけなのである意味シンプルかつ一番簡単かもしれない。

アタッカーを「二神三脚」の単体宝具持ちに絞り、それを守りつつの耐久戦を意識した編成を。

3waveまで狂雑魚相手にHPを減らしたくないので、私の場合は1waveを通常殴り、2waveをステラで突破。



攻略:

単体宝具持ちをアタッカーにしたいところだが、どうせなら特攻が刺さる鯖を選びたい。

ヘラクレスには神性特攻が刺さるので、スカサハかエルキで悩んだが、耐久面で勝るエルキを採用。

あとは2030で星出しをしつつ、エルキで殴り続けるのみ。

ヘラ宝具はマシュの集中無敵かマーリンの幻術で対応。クリ事故さえ起きなければまず負けない。

ちなみにステラでマーリンがスタメンに来て、その3人が落ちずに終わったので後ろの出番無し。










【超高難易度】復刻:第二演技 光と影の師弟




1wave:ウェアウルフ系×3  2wave:ウェアウルフ系×1 ゴブリン×2  3wave:スカサハ&クー・フーリン

特殊効果:3wave開始時に全体宝具封印(3ターン)*控え含まず、どちらかが倒れると全体即死攻撃。



編成例:敵は全て槍クラス

lh7886

サポートは「二神三脚」付きの頼光。確定即死が痛いので、出来れば3waveの2人は同時に倒したい。

1wavaと2waveはアルトリアのNPを溜めつつ素殴りで倒していった。マスター礼装は戦闘服。



攻略:

3wave開始と同時に、オダチェンでアルトリアと頼光(全体宝具持ち)を入れ替え。

スカサハとクーフーリンのHPに差があるので微調整しつつ、頼光のNPを溜め、尚且つ両者が回避を使うので、

タイミングを見極めつつ宝具を使って同時撃破。(或いは無敵貫通も有効打)

別にサポートに頼らずとも、控えにアルトリアを置いて引っ張り出してきても良かっただろうと思う。

もし頼光が撃ち損じても、控えにいたアルトリアが残り1人を殴り倒していただろうし敗北はない。










【超高難易度】復刻:第三演技 百殺夜行




1wave:大量のハサン(+呪腕×2、百貌、静謐)

特殊効果:倒すごとに、倒した対象にBAQいずれかと防御ダウン。

     呪腕、百顔、静謐を倒した対象に1ターン後即死。最後の呪腕は1ターン後全体即死。



編成例:敵は全て殺クラス

lh7887

個人的にはここが一番楽だった。術ネロいれば、別に孔明マーリン不要で、他の術鯖でも良い。



攻略:

後ろ3人の出番無し、とにかく術ネロの宝具を回転させればいつの間にか終わっている。

即死はネロの第3で耐えるので、出来れば回復出来る術鯖が一緒だとより安定するかもしれない。

メディアリリィや玉藻、アイリ等々選択肢は多くあるだろう。

元々術ネロは宝具回転率が良いので、第3が回って来てない時は他を倒して待っていよう。










【超高難易度】復刻:第四演技 魔竜降臨




1wave:ワイバーン系×3  2wave:ワイバーン系×3  3wave:ワイバーン系×3 ジークフリート

特殊効果:3wave開始時にジークのNP全チャージ、防御力を超絶アップ。



編成例:敵は全て剣クラス

lh7888

例の如く1wave殴りの2waveでステラーッ!

とにかく当時と違ってホームズがいると楽。凸カレ持ちなら後ろに置いてオダチェン宝具要因。

カレイドないし虚数なら3wave前にスタメンでNPを溜めるも良し。ホームズ宝具後の弓鯖宝具で一掃。



攻略:

3wave突入後、孔明で足りないNPを補って弓鯖が宝具を撃てる状態に。

オダチェンで孔明とホームズを交代し、事故が怖い場合はホームズの第1かマスター礼装のガンドで保険。

ホームズの宝具 → 弓鯖宝具(今回の場合で言うならギル)で終わり。

ホームズさえいれば、ジークは男性だしエウリュアレやオリオン辺りでも全然OKだろう。










【超高難易度】復刻:第五演技 戦士たちの母




1wave:ケルト兵×3  2wave:ケルト兵×3  3wave:ケルト兵×5 ドルイド×2 メイヴ

特殊効果:3wave開始時に全体に魅了(男性)、自身に無敵、BQA耐性、防御アップ付与。



編成例:敵は騎と術の混合クラス

lh7889

1~2waveはなるべく被ダメージを抑えつつ、3waveでぶっぱ出来るようにNPを溜めておく。

サポートは混合相手なので悩ましい、手持ちを考えて殺にするか術対策で騎等にするか決めたい。



攻略:

雑魚を倒すとバフが剥がれる仕様なので、現状ならメイヴを先に倒す事も出来るが旨みは薄いかもしれない。

雑魚をきちんと倒してバフを剥がすのが、当時と同じで一番堅実であると思う。

尚、ここは混合なので殺のみで行くとメイヴは倒せてもドルイドが倒せなかったりするので注意。

私のやり方は、とにかく殺鯖で「ドルイド、メイヴ、ドルイド」の状況になるまでケルト兵を倒す。

その後メイヴを削りつつ殺鯖が倒されたら、キアラで宝具ぶっぱしつつドルイドとメイヴを倒す。

今回出番はなかったが、殿にオニキなり絆ヘラでも置いておけば盤石だろう。










【超高難易度】復刻:第六演技 最古の英雄




1wave:ケンタウロス系×3  2wave:ケンタウロス系×3  3wave:ギルガメッシュ

特殊効果:3wave開始時に全体のNPを0に、宝具威力ダウン(10ターン)、毎ターンギルの攻撃力アップ。



編成例:敵は全て弓クラス

lh7890

宝具威力ダウン解除の10ターンまで耐久するか、それまでに素殴りで倒すかで編成は分かれる。

ただどちらにせよ槍で尚且つ神性特攻の刺さるエルキやスカサハは用意したいところ。

1~2waveは素殴り。どうせ0にされてしまうので、もし溜まったら宝具で一掃しよう。



攻略:

最初は10ターン耐久して倒そうかと思ったのだが、主にエルキの殴りでそれまでに撃破。

宝具はエルキも師匠もスタンが入るので、ダメージ目的でなくスタン目的で撃っていた。

もし10ターン耐久しないなら、ギルはチャージが3枠で尚且つ黄金律をしてくるので速攻で攻めたい。

正直このギルの何が厄介かって、毎ターン攻撃力が上がるのにやたら回転率の良い宝具だろう。










【超高難易度】復刻:フィナーレ 全力闘技




1wave:ジャック、メディア、アルトリアオルタ(槍)、オジマンディアス、天草四郎、ネロ(剣)

特殊効果:戦闘開始時、全体に強化付与成功率ダウン状態を付与。

     *以下は対象が消滅時に味方ないし敵に効果を与えるものである。

     ジャック:全体持続回復付与。 メディア:全体防御力アップ付与。

     アルトリアオルタ(槍):全体宝具チャージ量増加。 天草四郎:全体クリティカル発生率アップ

     オジマンディアス:全体必中付与。 ネロ:全体ガッツ1回付与。



編成例:敵は混合クラス

lh7892

緩和後のフィナーレならば3体同時撃破が現実的なので、頼光やギル辺りをアタッカーに据えたい。

また他の編成もそれをサポートする形で。完全混合なのでクラス選びはそうこだわらなくても良い。



攻略:

極論、特攻礼装付けた全体宝具持ちで一掃――というのが一番良い戦法ではないだろうか。

令呪を惜しまないなら、NPチャージしてしまえば尚の事顕著にそれが表れるだろう。

前述通り個人的にはギルか頼光辺りをおススメする。

マルタを入れたのは、開幕の強化成功率低下解除目的。

確か2ターン目辺りでメディアが全体毒付与をしてくるので、1ターン目でまず3人を消し飛ばしたいところ。

その後は 天草 → ネロ → オジマン の順で倒した。










【超高難易度】第一演技 超回復マッスル




1wave:心を失った者×3  2wave:スパルタクス

特殊効果:ターン経過後にHP回復、HPが減少するほど宝具威力アップ、Qカードの攻撃を受けると回復量ダウン等。



編成例:敵は全て狂クラス

lh7900

大ダメージで異常な回復量を上回るごり押し編成か、Qカードで回復量をダウンさせる正攻法かで変わる。

私の編成は軽く情報を仕入れ、保険にメルトを加えての初挑戦でごり押しクリア。



攻略:

基本的には前述した通り、Qカードの攻撃を与えてスパさんの回復量を落としてHPを削るのが正攻法だろう。

となれば狂相手なのでクラスは選ばないが、ジャックであったりメルトであったりが適性が高そうだ。

自前(+サポート)で孔明マーリンが出せるなら、B単体宝具持ちに二神を付けてごり押しでOKだろう。

狂相手なのでどうしても事故が怖いが、何とかスタメン3人が落ちる事なく初見クリアに至った。










【超高難易度】第二演技 大嶽丸呪い行




1wave:小鬼×3  2wave:鈴鹿御前

特殊効果:2wave開始時被ダメージ時NP回復量ダウン、毎ターンランダム対象にロックオン(タゲ集中)。

     1ゲージ目:BAQいずれかのカードが弱点になり、それ以外の耐性がかなりアップ。

     2ゲージ目:自身のクラスを変化。(槍と騎は確認)

     3ゲージ目:中庸や善等の属性によって耐性を変化。



編成例:敵は狂と剣の混合クラス。

lh7901

編成は弓を中心に――としたいところだが、統一すると2ゲージ目のクラス変化で骨が折れるかもしれない。

また、仮に混成にしても善悪等の属性耐性も絡んでくるので中々悩ましいところだ。



攻略:

カード耐性? クラス変化? 属性耐性? あぁ、もう面倒だ。邪ンヌで全て薙ぎ払う――。

攻略もクソもないが、実際これでどうにかなってしまったのは笑い話。

1ゲージ目はB待ちで宝具を叩き込み、2ゲージ目は気にせずクリ殴りで削り切り、3ゲージ目はごり押し。

邪ンヌの唯一の弱点として耐久面があるが、ロックオンが集中でもしない限りまず負ける事はない。










【超高難易度】第三演技 流星、雨の如く




1wave:海魔×3  2wave:アーラシュ

特殊効果:宝具無敵貫通、ガッツ×3、強化解除耐性アップ、行動不能無効。



編成例:敵は全て弓クラス。

lh7902

単なる耐久というより、とにかく高威力のステラに耐えて自滅するのを見届けるための編成にする必要がある。

防御を固めて耐えるか、ガッツ系で耐え抜くか、確率ガッツに頼るか、宝具威力を下げるか――対策は色々。



攻略:

ガッツ頼りにしてみたら色々ミスって失敗したので、ある程度2~3ステラくらいを耐える作戦に変更。

玉藻、マシュ、孔明の防御系を宝具使用のタイミングに合わせ、後ろの3人はガッツ系で凌ぐ感じ。

実際やってみると、やはり2~3ステラでマシュ孔明が落ちてしまったが、後ろの3人で何とか出来た。

HPを削り切ろうとは思わず、とにかくステラを撃たせて耐えれば自滅するので絆ヘラはかなり頼りになるはずだ。










【超高難易度】第四演技 黒と白の兄弟<




1wave:ホムンクルス×3  2wave:アルジュナ&カルナ

特殊効果:通常攻撃、ブレイク時、自己スキル等々で多数。



編成例:敵は弓と槍の混合クラス。

lh7903

両者神性持ちなので、鯖は神性特攻持ち且つ礼装も神性特攻に特化したものにしたいところ。

(ブレイク後?)NPを強制的に0にされるので、必ずしもNP補助系が役立つかというと微妙かもしれない。

宝具頼りというより、素殴りで倒すというイメージで行った方が良い。



攻略:

カルナ → アルジュナの順で撃破。どちらが倒されたかによって、発動するスキルが異なる模様。

倒した順はより正確には、カルナ(1ゲージ)→アルジュナ(1ゲージ)→カルナ→アルジュナ。

宝具は開幕カルナに武蔵が撃っただけで、後は完全に素殴り。初見という事もあり最後はオニキがギリギリで撃破。







よかったらクリックお願いします!
 ファイナルファンタジー14・攻略ブログ