どうも~。セルマです。

レベリングの残りも占星と赤魔になった今、どちらに偏るでもなく気が向いた方をのんびりと上げている。

赤魔は思うに、割と初心者向けのジョブなのではないかと思う。

操作は簡単で、管理するのもゲージのみ。すべり撃ちも連続魔という特性のお陰でそこまで必要としないし、

多少適当であろうともDPSの最低保証値が高いように感じる。(無論、上を目指せば茨の道なのだろうが)

lh7818

まぁ私にとってはやはり黒魔の方が肌に合っているのだが、それでも結構赤魔を楽しめている。

つい最近ようやくLv60になったので、ここからまたどう変わっていくかが楽しみだ。

黒魔法と白魔法を操る赤魔道士――いわゆる万能ジョブである彼らは、今後も高難易度コンテンツで活躍するはずだ。







前述したように、管理するものはゲージしかないので操作に慣れるのにもそう時間は掛からないだろう。

詠唱の短い魔法を使用 → 連続魔付与 → 詠唱の長い魔法を(詠唱無しに)使用 → ゲージを均等に溜める

基本的な流れはこんな感じだ。均等と言っても、基本的に交互に使用すれば問題ないだろう。

lh7819

Lv60まではここにアビを挟むだけなので、良くも悪くもシンプルで工夫の幅もあまりないように感じた。

Lv60になるとゲージの現在値を倍にするアビが登場し、もう少しアグレッシブな戦闘スタイルに切り替わる。

恐らくLv60以降は更に蓄積量も変わったりして、侍の剣気の如く世界が変わってより楽しくなると予想。



連続魔があるから、装備ステータスもSSはそこまで必要なさそうだ。

つまりLv70になって装備共有しても、私は黒魔特化の編成なのであまり合わなそうな装備になるはず。

まぁ初期攻略は赤魔大活躍だろうが、動きを詰められれば黒魔の方が総じてDPS上だろうし、

シナジーが無い代償に高いDPSを出せる黒魔のお株が奪われる事はないだろう。

lh7820

無論ベストなのは、使い分け出来る事だ。

まぁ装備共通のジョブは、誰しもコンテンツによって使い分けられるようにしているだろう。

とりあえず前述通りのんびりとしたものではあるが、レベリングを進めていきたいと思う。

んでは本日はこの辺で~。今日もビリッと頑張るぞーっ!(>ω<)ノ

☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ





おまけのFGOコーナー

第2部の高難易度コンテンツ――天の牡牛戦は初見未予習令呪無しのこの編成でクリア。

lh7816

lh7817

もっと詰められるかな? と思って編成を変えたのが下で、こちらの方が安定した。

超短期決戦でもない限り、サポート術鯖が実質死んでいるのだが……翁が大活躍してくれて助かった。


よかったらクリックお願いします!
 ファイナルファンタジー14・攻略ブログ