どうも~。セルマです。

今日は前回同様、パッチ3.4で追加された2つのIDに関する簡易攻略記事にしてみたいと思う。

試行回数の少なさと、ギミックの完全理解には至っていないので、その辺りは分かり次第追記していきたい。

この記事が少しでも参考になれば幸いだ。尚、一部技名などは便宜上私が仮で付けたものもある。

分割更新のため、同じく追加されたゼルファトルはこちらから → 「峻厳渓谷 ゼルファトル」 攻略





< 稀書回収 グブラ幻想図書館 (Hard) >



概要

当然と言えば当然だが、ノーマルとよく似た道中である。読み物もいくつかあるので、初見にはお優しく。

ゼルファトルと比べると、まとめにくいという印象を受ける。

ボスもどちらかというとこちらの方が面倒で、3ボスは3ボスよろしく、初見は中々ヒーラー泣かせ。

lh6405



*クリックで簡易ジャンプ

1ボス 「デモン・オブ・トーム」 2ボス 「リクイドフレイム」 3ボス 「ストリックス





1ボス 「デモン・オブ・トーム



ノーマルの1ボスが本から出てきちゃった! 的なボス。

割と縦長の地形に対し、嫌らしいAoEを敷いてくるので落ち着いて避ける事が重要だ。



重版 その1

 詠唱後、中央に横長の範囲表示。その後、上から本が落ちてきて『刊行』(ダメージ+ノックバック)

 序盤は大丈夫なのだが、終盤必要になるので範囲ギリギリまで近づくようにしよう。

 lh6406



重版 その2

 詠唱後、中央に横長の範囲表示。その後、上から本が落ちてきて『刊行』(ダメージ+ノックバック)

 更に両奥に範囲が表示され、時間差で本が落ちて来て挟もうとしてくるので中央安置に退避。



重版 その3

 MAP全体に時間差で左右から本の挟み込み攻撃。時間差なので落ち着いて移動すれば大丈夫。

 ちなみに挟まれると被ダメージUPのデバフが付与される。



トライクリップ

 MTに対し詠唱無しのダメージ。そこそこ痛い。


フライトフルロア

 ボスを中心にした円形範囲攻撃

 lh6407










2ボス 「リクイドフレイム



起動3層……じゃんけん……うっ、頭が……!

ベースは見た目通り起動3層だが、ひっかけみたなギミックもある点には中止しなければならない。

戦闘が長引けば、延々と形態(人型、手型のみで竜巻2回目は無し?)を変え続けるはずだ。



火炎(人型、竜巻型)

 詠唱有の全体攻撃。


熱風(人型、手型)

 MTへダメージ。手型になるとダメージUP。(頭割り出来るかは試行無し)


シー・オブ・フレイム(人型)

 タンク以外の3名の足元に3回範囲攻撃。イフリートのエラプションと酷似しているので同様の対処を。

 lh6408



突進(人型)

 対象ランダム(恐らくタンク以外)に線で繋がれる。

 距離依存ダメージ。近ければ近いほどダメージが高く。離れれば離れるほどダメージが低い。

 余談だが、零距離にしたらHPが1だけ残ったので、一応即死はしない模様。

 lh6409



マグネット(竜巻型)

 繋がれるのは起動編と違ってプレイヤー同士ではなく、中央の竜巻となのが注意点。

 処理方法は同じなので、(+ +)なら近づき、(+ -)であれば離れる。



刻印(手形)

 自身の頭上に出たコインの絵柄(2種類)に合わせ、床下の対応する場所へ詠唱中に移動する。

 失敗すると対象にダメージ+被ダメージUPのデバフ。よくみると『ゆびさき』の動きしてね!?








3ボス 「ストリックス



中々理解出来ないとギミック処理に夢中になって、全然ボスが削れていなかったりする。

3ボスに限らずだが、移動を強いられる場面が多いので黒魔などは面倒に感じるのではないだろうか。



選書

 MAP上に4箇所、合計3種類のバフないしデバフ床を発生させる。(例外としてベヒーモス召喚)

 ボスの攻撃に合わせて、対応した床に移動する必要がある。


ダークラの章

 全体ダメージ。恐らくこれは他と違い回避方法がない。


クエイガの章

 詠唱完了までに画像の床に移動する。シルクスのザンデ戦をイメージすれば分かりやすいだろう。

 中に入るととレビテトが付与され、クエイガを避けられる。

 lh6410



トルネドの章

 詠唱完了までに画像の床に移動する。中に入るとヘヴィが付与される。

 処理出来ないと、被ダメージUP+大ダメージ。

 lh6411



カッパの章

 詠唱完了後、カッパになったのを確認したら画像の床に移動する。

 入るとカッパの付与と解除が繰り返し行われるが、カッパ状態のメリットはない。

 lh6412



サンダガの章

 各プレイヤーの頭上にマーカーが出て、詠唱完了後に範囲ダメージ。

 他と重ならないようにするのは勿論、カッパ状態で受けないようにするのが注意点だ。

 理由としては、カッパ状態は雷属性抵抗低下のデバフが付与されているため。

 受けると被ダメージUP+大ダメージに加え、しばらく痺れて動けなくなる。

 lh6413




ベヒーモス・ワード出現

 床の範囲を避けつつ、ダメージ距離依存の隕石落下に注意し、カウントダウンが始まったら岩に隠れる。



んでは本日はこの辺で~。今日もビリッと頑張るぞーっ!(>ω<)ノ

☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ


よかったらクリックお願いします!
 ファイナルファンタジー14・攻略ブログ