どうも~。セルマです。

パッチ3.2からマテリアに関するテコ入れ、そして更に高IL化が進み、新式も強力な装備になった。

また、新式装備も素材の値段がそう高額ではないため比較的低価格で手に入りやすい。

結果、禁断を頑張れば自身が特化したいスタイルを実現する事がより近しくなったと言えるだろう。

今回メインのタンクロールは一旦置いて、サブジョブの黒魔に少し触れてみたい。

今回、前述した新式諸々もあり――夢の スペルスピード1000 を目指してみようと思い立ったのだ!

lh5747

特に何も考えず、適当にプロトミダース装備したり、新式アクセを装備してみたりしていた。

マテリアは勿論クリティカル or スペルスピードで、新式アクセの確定穴は活ジャ。

lh5748

ちなみに代表例として、ファイジャの現状キャストタイムは2.88だ。

スペルスピード1000には、ここから400近く上げなくてはならないが……さて。








改善点としては、当然スペルスピード(以下、SS)が付いていない箇所を、付いている装備に変更。

財布とも相談して元々付いている数値が高いものなどは据え置く……などなど。

結果、武器を折角のアニマだが禁書武器に。頭、手、腰、腕、指を新式にしてSSマテリアを挿す。

lh5751

ただしジャは確定穴のみで、他はガとする。他もジャにしたらメインより金掛かって訳分からなくなる。

こうして試行錯誤――否、マテリアを割るのが生きがい とでも言うが如く割った結果……。

lh5749

SS912――現状、ここら辺が私の限界だった。

とはいえそれでも300近く上がった事で、ファイジャのキャストタイムも短縮。

lh5750

分かった事は、その実メインジョブであれば夢のSS1000超えは難しくないという事だ。

メインであれば当然セフィロト武器だろうし、伝承を使う優先度は一番である。

前者はSS108と大差ない上位互換(禁書は102)だが、伝承が使えれば脚がSS106、足がSS46 なのだ。

仮に上記3つを装備すれば、合計したSSは 1070 となり達成出来る。

メインであれば……というか伝承を黒に回せば割と簡単にSS1000突破は可能な事が分かる。





計算していないが、脚と足を新式にしてジャジャガガガにすれば1000いくかもしれない。

だがそんなに新式にしたら、繰り返しになるがメインより金掛けている事になって本末転倒に近い。

……というより、既にメインより新式箇所が多いのだが。

前述したSS1070になれば、ファイジャも下手したら2.7切りそうだ。

ちなみに現状の912(300程上昇)でも体感出来る程変わっているので満足。

エノキ回しに約1秒余裕が出来るってでかいし、すべり撃ちもしやすくなるので損したとは思っていない。

lh5752

余談ながら律動零式1層木人に挑戦したところ、残り1秒 という超ギリギリで撃破。

ただこの後FC面子とダベりながら行ったら、proc運が良くて14秒残しで倒せました。やったぜ。

……分かってるよ、DPS出せないからレイドじゃタンクやってんすよ。ホントは黒魔で行きたいけどさ。

別にタンクならDPS出さなくていいってわけじゃないのは、言うまでもなく分かっているけれども。

んでは本日はこの辺で~。今日もビリッと頑張るぞーっ!(>ω<)ノ

☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ



スペルスピード関連記事

続・夢のSS1000を目指して。』 『続々・夢のSS1000を目指して。』 『盛るぜぇ~超盛るぜぇ~!

あと1足りない時の悔しさ。


よかったらクリックお願いします!
 ファイナルファンタジー14・攻略ブログ