おはよウリナマズ。セルマです。

遂に北米ファンフェスにて、新たな拡張パッチタイトルが『SHADOWBRINGERS 漆黒の反逆者』と発表。

北米のファンフェスなので、知っての通り日本時間で言うとド深夜――老体に鞭打ってリアルタイムで視聴。

素晴らしいティザートレーラーや、基調講演で発表された様々な情報にFF14はまだまだ安泰だと確信。

lh8973

トレーラーや吉Pの話を聞く限り、今回の雰囲気はまたガラリと変わるようだ。

帝国との決戦、アシエンの真の目的、ハイデリン / ゾディアークとは……FF14の根幹が明かされる模様。

新ジョブはガンブレード使いと青魔が確定――といったところか。驚かされたのは特に後者がパッチ4.5予定な点。

4.5時点でレベルキャップが50なので、リミテッドジョブの名の通り他のジョブとは一線を画す遊びになるのだろう。

いずれにせよ、誰でも無料で視聴できるのでせめて基調講演だけでも視聴する事をおススメする。









閑話休題。

過日パゴス編を終えた旨を報告したが、当然そのままピューロス編へと突入。

軽く調べたが、武器製作は勿論目的たる防具製作もかなり時間が掛かりそうで嘆息してしまった。

ただアネモス、パゴスを経て経験を積んだのか――ピューロスでの改善点もいくらか見られたのが幸いか。

lh8974

正直最初はロゴスアクションがよく分からなかったが、その実割とシンプルだったのですぐ理解。

元々ある仕様の改善点の1つとしては、やはりNMの経験値が大幅に上昇した事だろうか。

クリスタル排出量が少ないので、相変わらず大量に狩る必要があるとはいえレベルが上がりやすいのは良い。





NMを狩るにしても沸かせるにしても、どうしても移動手段とそこまでに絡まれる敵に頭を悩ませる。

とっととカンストしてマウントに乗りつつ、大半のモンスターを素通り出来るようにするのが最優先。

そういう意味ではアネモスやパゴスに比べ、道中やたら死ぬ回数が多かったのは私だけ、か?

lh8975

lh8976

別にここは改悪でもないがアネモスやパゴスに比べ、NMのHP自体は大きく上がっているように感じた。

まぁとにかくクリスタルが足りないので、それよりも沸きやすさがどの程度なのか気になるところ。

結局パゴスでは1度もやらなかったうさぎも、今回から後述する理由でやらねばならないだろう。



ロゴスアクションはいくつか保存こそ出来るものの、基本的に使い捨てという考え方で良い。

またロゴスアクションを抽出し、言ってみれば図鑑を埋めていく事こそが肝要だと理解した。

lh8977

防具製作がこのロゴスアクションの図鑑を全て埋める事が必要だと判明し、とりあえず金で解決を図る。

40個程埋めたが、攻勢が高い――排出場所を調べたら前述した高位のうさぎのようで、やる必要があるわけだ。

ただマウント等々の理由でカンスト後にやった方が良いだろうと判断し、とにかく今はレベル上げに専念中。

んでは本日はこの辺で~。今日もビリッと頑張るぞーっ!(>ω<)ノ

☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ


よかったらクリックお願いします!