どうも~。セルマです。

昨日に引き続き、検索ワードとして多いもの……というかメッセージを頂戴したのでそれに関して。

例えば「精選 漁師 スキル回し」みたいな検索が多いので、書き連ねていきたいと思う。

lh6239




Ⅰ.採掘 / 園芸 に比べて、漁師はランダム要素が強い

 ⅰ.採掘 / 園芸との違い - 精選&納品編 -

  採掘や園芸は特定のスキル回しをすれば、純度や価値を確実に必要値に上げる事が可能だ。

  対して漁師は、スキル回しによる純度や価値の確実性に欠け、全てランダムである。

  端的に言って採掘や園芸のように、決まったスキル回しなどない。

  逆に言えば、採掘や園芸はきちんとスキル回しをしないと絶対に高い純度や価値を得られないが、

  こと漁師に至っては一切スキルを使わず高純度や納品可能な魚を釣り上げる事も可能。



 ⅱ.漁師のランダム性をある程度絞るには

  決まったスキル回しこそないが、漁師にも純度や価値を底上げ可能なスキルがある。

  とはいえスキルを使おうともランダムなので、やはり確実性に欠けるのは否めない。

  強いて漁師にスキル回しがあるとすれば、ここにあるのだろう。

  さて、漁師の純度や価値の基準は魚の大きさである事は既知だろう。

  故に簡単に言ってしまえば、HQを釣れば良い。

  そこで必要になってくるのが『ペーシェンス』ないし『ペーシェンスⅡ』なのである。

  次の項で具体的に触れていこう。





Ⅱ.漁師で精選 / 納品目的の釣りをする際の知識

 ⅰ.ペーシェンスのメリットとデメリット

  漁師は良くも悪くも、蒐集品採集をONにして釣り糸を垂らしていれば適当にやっていても釣れる。

  しかし効率を求めた場合、やはりペーシェンス系統のスキルに頼る事になるだろう。

  ペーシェンスとは、一定時間魚のHQ率を上げる代わりにフッキング成功率を下げる。

  前者は当然高純度や納品価値を満たしやすいメリットがあり、

  後者はそもそも釣り上げる事が出来なければ納品もクソもないというデメリット。



 ⅱ.ストロングフッキング、プレシジョンフッキングを使いこなす

  幸いな事に、GP消費こそあれど前項のペーシェンスの“デメリットのみを打ち消す”スキルがある。

  例としてはこんな感じになる。

  ペーシェンス(GP470)使用 → フッキング(HQ率50%UP / フッキング成功率40%DOWN)

  ペーシェンス(GP470)使用 → プレシジョンフッキング(GP85消費 HQ率50%UP)


  実のところ漁師は、園芸や採掘のような決まったスキル回しこそないが、

  実質必須となるペーシェンスに伴う2種類の特殊フッキングを使いこなす必要があるのだ。



 ⅲ.特殊フッキングの違いとは

  ストロングとプレシジョンの見分け方は慣れという他無い。

  ただし魚によって固定なだけで、サイズによってどちらかランダムで変化するなどといった事はない。

  振動機能のあるパッド操作だと分かりやすいが、勿論それ以外にも見分け方はある。

  ストロングフッキング 【パッド振動:2回 竿のしなりが大きい(竿の動き&音)

  プレシジョンフッキング 【パッド振動:1回 竿のしなりが小さい(竿の動き&音)


  こればかりは前述通り慣れでしかないので、自身で経験して体得して欲しい。





Ⅲ.まとめ

 ここでは釣りの基本的なやり方などではなく、それよりもう一段階上の話をした。

 要は決まったスキル回しなど必要なく、特定の時間や天候時に釣り糸を垂らしておけばいい。

 しかし効率を求めるのなら、ペーシェンス系統のスキルを使いこなす必要があるという事だ。

 まぁ当然効率を求めるだろうから、今後漁師で納品や精選をしたいなら必須になるはずだ。

 過去に記事や動画にてまとめてあるので、最後にそれを掲載して終わろうと思う。

 また今回触れなかった内容も、ブログ左部漁師の項にまとめてあるのでよければ。

 検索してこられた方、またメッセージを頂戴した方々に少しでも参考になれば幸いである。


まとめ記事:『漁師の赤貨・青貨集めに関して』 『漁師の精選まとめ


初心者向け漁師講座動画(蒼天編、精選編)





んでは本日はこの辺で~。今日もビリッと頑張るぞーっ!(>ω<)ノ

☆ァディオス☆(`・ω・´)ノ


よかったらクリックお願いします!
 ファイナルファンタジー14・攻略ブログ